私の住んでいる熊野市を中心に、我が家で咲く花や周りで咲く花、畑で取れる作物等を通して、植物のかかわりを紹介します。 管理人の知らない情報、面白い情報があればコメントを通して教えてください。

ガーベラ15
朝は太陽も出て、このまま時間が過ぎて行くのかと思いました。

晴れたので、朝食を食べた後、みかん畑へ。

遅くなっていた肥料やりをして、家に戻ってきたら雨が降り出しました。

タイミングよく肥料がやれたのでか、自分で満足してます。

知り合いからスイカが送られてきたので、お昼前にお返しに我家のジュースを送ってきました。

喜んでいただけるといいのですが。

午後からは雨が降っていましたが、相方が職場の駐車場の草刈に行くというので、草刈機をもって参戦。

ゴンパチ(イタドリのとです)が、何箇所かにかたまって人の背丈より高く茂っていました。

相方は鎌で刈るつもりだったようですが、とても刃がたつ代物ではありませんでした。

草刈機で刈ること約2時間きれいに片付き、軽トラック1車分実家の山に捨ててきました。

雨でしたが、それほど強く降ってなかったので、合羽なしで刈りましたが、暑くなく助かりました。

少々疲れましたが、片づけが終わると気持ちがいいものですね。

相方の実家では、オイランソウが雨に濡れてきれいに咲いていました。

ころも「う~!ゆるせん!!」
ころも「う~!ゆるせん!!」

食べ物の恨みで、ころもの動きが激しくぼけてしまいました。相当お怒りです。



帰宅途中で、相方から電話が入りました。

「あれやもんでさあ、夕飯食べといて!」

「???」

「は、は、は・・・さっぱりわからんやろ。」

「・・・・・」


ガーベラ15
ガーベラ15

「勝手に花言葉」

私の想いを伝えたい
スポンサーサイト

ガーベラ14
朝は少し雲が出ていましたが、午前中には太陽が出てきました。

さすがに陽が差すと暑いですね。

海も碧いです。

夏を感じます。

遅ればせながら、ラベンダーの剪定を始めました。

明日は残りとは思いますが、みかん畑に行って摘果と施肥をしたいと思っています。


娘「ころも!こっちへこないで!」ころも「そうはいくか!みかん、返せ!」
娘「ころも!こっちへこないで!」

ころも「そうはいくか!みかん、食わせろ!」


相方が、笑顔で

「お腹すいた時、飴玉なめたら、ラーメン食べんでも大丈夫やね。」

「・・・・・」

一袋食べたらカロリー変わらんと思うのですが。

ガーベラ14
ガーベラ14

「勝手に花言葉」

秘密の愛を星に祈る

ガーベラ13
朝は小降りの雨でしたが時間が経つにつれ本降りに。

時折、横殴りの雨が降っています。

沖はかすんで白くなっています。

波の音は高いです。

気温は上がってこないので、じっとしていると涼しく感じます。

ただ、雨が多いので、マーガレットなどは枯れ上がってきました。

晴れたら植え替えをしないといけないのでしょうが、時間が・・・・

挿し芽をしたレモンゼラニウムはみんな根がついたようで元気にしてます。

これも植え替えをしないといけないのですが。


ころも「ぼくのみかん、返してよ~!」
ころも「ぼくのみかん、返してよ~!」

時すでに遅し。みかんは娘の腹の中。


食卓にサニーレタスが出ました。

手を伸ばして葉を口に持っていこうとしたら、なんとカタツムリが。

「また、食べるとこやったやん!ちゃんと洗った?」

「は、は、は・・・食べなんだからよかったのに。」

「そういう問題と違うやろ。前もアブラムシ食べさせられたんやから!」

「雨で暗い中、収穫してきたんやからしゃあないで!」

「・・・・・」 他人事のように言うな!

ガーベラ13
ガーベラ13

「勝手に花言葉」

あなたへの慕情が今の私を苦しめる

ガーベラ12
朝のうち少しだけ雲の向こうに灯りが。

それも、出勤する頃には見えなくなってしまいました。

波の打ち寄せる音がすぐそこで聞こえます。

海が荒れています。

お昼前に少し明るくなりましたが、それもつかの間、雲が厚く海も暗くなってしまいました。

今日は午後から7月に行う町内清掃の業者との溝掃除の打ち合わせがあったので、午後から休暇をもらいました。

溝掃除の世話役を班の中で一番若いということで、やらされてます。

世話役は大変ですが、体を休めることも出来たのでこれはこれでよかったかもしれません。

ユウギリソウの花がもう少しで開きそうです。

もう少し早く摘心しておけばよかったかもしれませんが、後の祭り。


ころも「う~!ゆるせん!!」
ころも「う~!ゆるせん!!」

怒り狂うころもでありました。



昨日の続き、

「じゃあラーメン食べるのやめとけや。」

「う~ん!焼き饅頭で我慢するわ!」

「・・・・・」 やっぱり食べるんかい!


ガーベラ12
ガーベラ12

「勝手に花言葉」

曲がったままの思いは続く

ガーベラ11
朝は雨模様でしたが、午後からは曇ったままです。

朝から気温が上がっていません。

半そででは寒く感じます。6月下旬にしては、涼しい1日となっています。

午後3時過ぎから少し雲が切れ始め、海が碧くなり始めました。

雨が降ってくれてるので、軒下の鉢にだけ水やりをしました。

鉢のあちこちから、メランポジウムやトレニア、ポリゴナムなどが芽を出しています。

植え替えないとかわいそうになってきました。

この天候では土が乾かないので・・・困った。


ころも「あ~!お姉さん、あなた食べましたね!」
ころも「あ~!お姉さん、あなた僕のみかん食べましたね!」


昼食後、しばらくして、

「お腹すいてきたね。」

「もうか?さっき食べたとこやん。」

「ラーメン食べよっかなあ。」

「食べたら。」

「太るからやめとけって、止めやんかい!」

「・・・・・・」 そんなん知らんがな。


ガーベラ11
ガーベラ11

「勝手に花言葉」

あなたはあなたの道を思いのままに

ガーベラ10
朝から雨模様。

相方が散歩に行くのに、裏口においてあった傘がありません。

昨日娘たちが、あちこち行く時に使ったのですが、全部玄関先にもっていってしまってました。

朝から、ご立腹であります。

それもそのはずで、今日は人間ドックに行くため、昨晩から食べてないのでいらいらしていて、何にでもあたっています。

雨のほうは時折激しく降ってきたりしてますが、それほどでもなく過ぎていってます。

さすがに海は鉛色です。

年齢のせいでしょうか、どんどん疲れがきつくなっていってます。あ~、情けない。


娘「ほれ、ほれ!」ころも「う~!」
娘「ほれ、ほれ!」

ころも「う~!いいかげんにしてくれ!」


テレビで、風水の番組を見ていたとき、

「私、したらいかんことばっかりや!」

「直したらいいやん!」

「え~!まあ、今、幸せやからいいんやよ!」

「・・・・・」 そういう考え方もあるんかなあ。


ガーベラ10
ガーベラ10

「勝手に花言葉」

信じることが私の心を救ってくれる

ガーベラ9
朝から降ったりやんだりの天候となりました。

5時過ぎに突然の雨で、苗の雨よけをするのに飛び起きました。

今日は、朝から娘と友人2人を連れて、熊野古道の松本峠に登り、それから鬼ケ城周遊して、花の窟神社へ。

お綱茶屋で、娘たちは古代米を使ったみたらしと、うどんの昼食をとりました。

お土産を買い込んで、それから本宮大社と大斎宮へ。

お参りしてから、新宮に戻って、私のスーツを引き取って帰ってきたら夕方5時となりました。

娘たちは8時過ぎに帰るとのことで、相方が夕食の仕度をしています。

昨日、今日と植木屋さんが小雨の中剪定をしてくれました。

庭がすっきりしました。

さすがに今日は疲れました。


娘「ころも、ほれ!」ころも「もう、くれてもいいのではないでしょうか?」
娘「ころも、ほれ!」

ころも「もう、くれてもいいのではないでしょうか?」


昨日の続き、

夜中に、娘から泣けるようなメールが届きました。嬉しくて、相方に、

「ほれ、見てみい!」

文面を読んだ相方は、

「私にも送ってもらわな!」

「・・・・・」 先月、もろとるやん!


ガーベラ9
ガーベラ9

「勝手に花言葉」

秘密の愛を星に祈る

ガーベラ8
今日は朝からすっきりとした晴れとはなりませんでしたが、穏やかな1日となりました。

娘が友人二人と伊勢に寄るというので、2時間半の時間をかけて伊勢まで迎えに行ってきました。

伊勢で昼食をとったあと、新宮の神事の先生のところへ。

家に戻ったの7時前になってしまいました。

ゴールデンウイーク以来の再会でしたが、娘も元気そうでよかったです。

少々疲れました。

娘「ほ~ら、こっち。」
娘「ほ~ら、こっち。」

すぐつられる、ころもです。


父の日に子供からは、いつまでたっても何も届きません。

相方に、

「何も届かんで~。」

「私のときは、メールがあったけどね。まあ、人徳の違いやね!」

「・・・・・・」どこが!

ガーベラ8
ガーベラ8

「勝手に花言葉」

明日になればこの思い出も楽しい追憶にかわります

ガーベラ7
朝の散歩は途中で雨が降り出しましたが、出勤する頃には、雨も上がりました。

職場に着いた頃、雲が切れ、青空が覗き始め、午前中には青空に。

久しぶりに海が碧いです。

職場の近くで咲いているアジサイの周りに青鷺が集まってきていました。

鳴き声がうるさく感じます。

その周りをウスバキトンボの群れが飛び回っていました。

今年も東南アジアから風に乗ってやってきました。

秋にはまた大群が見られそうです。

明日は娘が友人を2人連れて帰ってきます。

伊勢神宮へお参りしてから帰ると言うので、伊勢まで迎えに行ってきます。

伊勢菖蒲は今花盛りでしょうね。

ころも「あ!みかん」
娘「ころも、これな~んだ?」

ころも「あ!みかん」


昨日の続き、

父の買う服も決まり、私のスーツとシャツも選んだ後、支払いの計算をしてもらっている最中、

「時間かかりそうやねえ。ちょっと、ユニクロへ行ってくるわ。」

そう言うとさっさと買い物に行ってしまいました。

「え!」支払いは?

支払いが済んでしばらくしてから、手に袋を提げてあらわれた相方は、

「お金どうしたん?」

「ないからカードで払った。払ってくれるんやろ?」

「もうすんだんやったらいいのに!」

「え~!!」

私のへそくりが・・・・・

ガーベラ7
ガーベラ7

「勝手に花言葉」

この道を往くのはあなたの定めです

ガーベラ6
昨夜半からの雨が降り続いています。

隣の市ではお昼には大雨警報がでたようです。

台風は熱帯低気圧に変わったようですが、雨はかなり降りそうです。

明日は、かなり雨量が多いとの予報です。

また、国道、JRが止まってしまいそうです。

発芽した苗もこの天候で徒長気味になってきました。

一気に晴れたら、葉焼けしそうです。


ころも「僕に何か、食べるものを・・・・」
ころも「僕に何か、食べるものを・・・・」

相方「あんた、本当にたぬきになってくで!」


父の日、プレゼントの服を買いに行ったのですが、なかなか気に入るものがない様子の相方、お店の方に、

「もっと高い服ないんですか?」

「これよりですか?探してみます。」

しばらくして、

「やっぱり、ここにおいてあるのがお高いかと・・・・」

「う~ん、じゃあいいわ!」

小声で「よそで買うわ。」

お店の方は、ガックリ!


プレゼントされた父は大喜びしてました。


ガーベラ6
ガーベラ6

「勝手に花言葉」

あなたの思い出心に刻む

ガーベラ5
今朝は、スカッと晴れるかと思っていたのですが、曇り空で、時折雨が降ってきます。

蒸し暑い1日となりました。

今日は上着着用の会議でしたので、さすがに会議室にはクーラーが入っていました。

会議も終わり一段落いたしました。

再来週からまた、忙しくなるのですが、とりあえずやれやれです。

台風5号がこちらにまた向かっています。熱帯低気圧に変わるようですが、雨が多いとまたまた、陸の孤島状態となりそうです。

何もなければいいのですが。

昨日の風で、ダイアンサスなどは引きちぎれて庭に飛び散っていますが、思ったほどの被害はありません。

鉢もあちこちでひっくり返っていましたが、割れているものも見受けられなかったので一安心です。

ころも「あ!ヨーグルトがなくなってる!」
ころも「あ!ヨーグルトがなくなってる!」

相方「あんた、狙ってたの?」


夕食時、

「え!それだけしか食べやんのか?」

「お昼食べるの遅かったから、ダイエットになりそうやわ。」

寝る前になって、

「お腹すいてきたわ。ラーメン食べてもいい?」

「知らんがな!自分で考えれや。」

「後悔したとき、誰が責任とるんよ!」

「・・・・・」


ガーベラ5
ガーベラ5

「勝手に花言葉」

幼い頃に見た夢はいつの間にか忘れてしまう

ガーベラ4
朝は、小降りだったのですが、波は高く潮騒が車の走る音より高くなっていました。

家を出るときは、雨戸を閉めて仕事に出ました。

職場に着いたころから時折雨が激しく降ったりしてましたが、午前11時前についに、警報が出ました。

お昼過ぎに、JRが運休しました。

2時過ぎから風雨ともにものすごく強くなって台風らしくなってきました。

3時30分頃に県道、国道の通行止めが始まりました。

陸の孤島状態に突入です。

行政広報では、低い地域、急傾斜地の地域に非難勧告の放送が始まっています。

帰宅するにも、雨が真横に降り、傘はあっても役に立ちそうもないので、合羽を着て帰宅しました。

駐車場まで少し距離があるので、風にとばされそうで大変でした。

軽トラックのシートは水浸しになってしまいましたが、そんなこといってられません。

軽トラックが風で揺れるので、運転も注意が必要です。

こんな時は危なくて海岸線は通れませんよ。

昨日、苗を移動させておいてよかったです。

夜中にはおさまるのでしょうか、被害が出なければと心配です。

ころも「もうひとついただけるんですか?おりこうにします。」
ころも「もうひとついただけるんですか?おりこうにします。」

相方「信用できん!」


私の後ろで、相方の気配が、

「?」

「何か言われたと思ったやろ?」

「なんて言ったん?」

「知らん方がいいこともあるって!」

「・・・・・」

なんて言ったんやろ、気になる。


ガーベラ4
ガーベラ4

「勝手に花言葉」

情熱ということばが私の胸でこだまする

ガーベラ3
今朝の曇り空が、時間が経つにつれ雲の切れ目から、太陽が顔を出しはじめました。

快晴とはいきませんが、暑い1日となりました。

海はその色を映すので、グレーっぽく見えました。

台風4号がどっちに振っても直撃しそうです。

職場に、台風時の注意書きが回ってきました。これはやばそうです。

5号もすぐ来そうで、大きな災害にならなければいいのですが。

せっかく発芽している苗をどうにかして避難させないといけません。

今咲いている花は、大方だめになってしまいそうです。

ころも「いっただきま~す!」「指まで食べないの!」
ころも「いっただきま~す!」

「指まで食べないの!」


職場に問い合わせの電話がかかってきました。女性職員が話を聞いていたのですが、要領を得ず、私に

「何が言いたいのか、さっぱりわからないんですが、代わってもらっていいですか。」

「ええで。」

電話を代わって話をしたのですが、結局、どこの誰かも聞いてもわからず、言っている意味も不明。

調子を合わせて話をしましたが、わかったのかわからなかったのかわかりませんが、

「ありがとうございました。」と電話を切ってくれました。

一体なんやったんやろ。

横で女性職員は電話のやり取りに、大笑いしてました。まあ、うけたということで。


ガーベラ3
ガーベラ3

「勝手に花言葉」

あなたとの秘密の愛で絆をつむぐ

ガーベラ2
朝は曇っていましたが、午前中には晴れて暑くなりました。

我家の温度計で、最高34℃。

せっかく晴れたので、遅れていた、カトレアやデンドロなど洋ランの植え替え作業を行いましたが、途中から気分が悪くなり、植え替え終了後は、一休み。

夕方近くなって、相方と県展(美術)の移動展が文化交流センターで開催されているので、観に行ってきました。

そのあと、父の日のプレゼントを買ってなかったので、買い物に行ってきました。

そういえば、我が子からは何もなしのようです。

困った時にしか連絡がありません。そんなもんなのでしょうかねえ。

ころも「その大きいほうで、けっこうですが。」
ころも「その大きいほうで、けっこうですが。」


テレビを見ていて、ドラマのクライマックスの真最中に相方から大きな声で、

「犯人、今なんて言ったん?」

相方の声で何も聞こえず、

「あんたの声で、何も聞こえんかったわ。」

「私のせいにせんといてよ!」

「・・・・・」

あんたのせいやん!


ガーベラ2
ガーベラ2

「勝手に花言葉」

やわらかい心が風に舞い上がる

ガーベラ1
梅雨を実感するような雨が昨日の夕方から降り続いていましたが、午後から小降りになってきました。

夕方から降ったりやんだりしてます。

今日は波が高いのか、池の水位が高くなってきました。

午前中は仕事があったので、出かけてきました。

車の乗り降りに、ずぶ濡れになってしまいました。

濡れついでに、帰宅してから、軽トラックが汚れていたので、ワックスシャンプーをかけました。

ポンチョを着ていたので、長靴の中まで雨水がはいってしまいぐずぐずになってしまいました。

軽トラは、雨がやみ、乾いたらきれいになってると思います。

園芸作業は何もできず、ストレス充電中。


「ころもこれは?」ころも「お!それも捨てがたい。」
「ころもこれは?」

ころも「お!それも捨てがたい。」

何でもいいみたいです。


母が、お菓子を持ってきてくれました。

「これ、いただきものなの。あげるわ。」

「ありがとう。こんなにくれていいんか?」

「おいしくないから。」

「・・・・・」

それはいかんやろ!


ガーベラ1
ガーベラ1

「勝手に花言葉」

内緒話がすぐばれる

レウイシア・ダークピンク
朝は少し雨がぱらついていましたが、午前中は少し陽が射しました。

それもつかの間、雲が空いっぱいになり、海は鉛色となってしまいました。

蒸し暑いと、皆さんおっしゃるのですが、私には気になりません。

風が気持ちがいいです。

さすがに今日は、会議に冷房は入っていませんでした。

先日挿し芽をした、ポーチュラカ、カランコエはもう根が出始めたようで、株を抜こうとしても動かなくなってきました。

とりあえず、カランコエは外に出しました。

昨年温室に入れっぱなしで徒長させてしまっていますので、しっかりした株を作りたいと思います。


ころも「そのヨーグルト、食べないのなら、ぼくに・・・・」
ころも「そのヨーグルト、食べないのなら、ぼくに・・・・」

食いしん坊のころもであります。


職場で、ある女性職員が

「さっき来た人って、トッポジージョにしか見えんよね。」

若い職員は、

「トッポジージョって何ですか?」

ベテラン職員は私も含め、わかりましたが、若い人はまるっきりわからなかったようです。

AKBなどは顔と名前(ほとんど知らない)まるっきり一致しませんので、よく笑われてます。


レウイシア・ダークピンク
レウイシア・ダークピンク

「勝手に花言葉」

哀れみの中であなたは遥か、夢を見る

レウイシア・サーモンピンク
今日は朝は晴れの予想でしたが、出勤する頃には霧雨が降っていました。

その後はやんでいますが、雲が多く非常に涼しい1日となりました。

こんな時に限って、半そでで仕事に来てしまうとは。

寒いくらいで、ロッカーに置いてあった上着を会議に着て行きました。

どうなっているのでしょうね。

夕方近くになって青空が見え始めました。

久しぶりに海の群青を見ることができました。

寄せ植え教室で使ったメウレウカの白花が咲き始めました。赤花もあったはずなのですが、見当たりません。

咲いてくればわかりますかねえ。

どうしても舌が少し見えてしまうころもなのでありました。
どうしても舌が少し見えてしまうころもなのでありました。

息子曰く、この状態で頭をたたくと、舌をかんでしまい大騒ぎになるそうです。

父「あほや!」


「あんた、あのテレビを見た?」

言ってきた意味がわからんので、

「番組か?テレビのメーカーか?」

「つまらん返事しか返ってこんねえ!」

「・・・・・」


レウイシア・サーモンピンク
レウイシア・サーモンピンク

「勝手に花言葉」

どんなに苦しいときでもあなたへの愛は変わらない

レウイシア・ピンク
昨晩の激しかった雨も上がりました。

予報では晴れるとのことでしたが、曇り空となっています。

このところの雨で、ライスフラワーの花も色がくすんできました。

時間があれば挿し芽をしたいところですが、土も買ってこないとありませんから、毎年思いながら何もできずに時間が過ぎていってます。

今夜は、地区のまちづくり協議会があって、今から行ってきます。

帰る時間は不明です。皆さんのところに伺えればいいのですが・・・・


ころも「やっとポメラリアンのような写真を撮ってくれましたね。」父「太いけどね!」
ころも「やっとポメラリアンのような写真を撮ってくれましたね。」

父「太いけどね!」


昨日の続き、

相方は、何を思ったのやら梅を計るのに体重計を持ってきました。

目盛りを見たら、何と15kg。すかさず、私が、

「ほらな!」

負けず嫌いの相方は、

「何を、偉そうに!収穫してきたん、私やからね!」

「・・・・・・」

確かにそのとおりですが、論点が・・・・


レウイシア・ピンク
レウイシア・ピンク

「勝手に花言葉」

見つけたものは小さな幸せ、夢の恋

レウイシア・ライトピンク
昨晩からの雨は朝には霧雨になっていましたが、午前中には本降りに。

10時前から横殴りの雨にとなっています。

まるで、災害の時のような雨です。

風が強く、潮騒は大きく聞こえます。

久しぶりに、沖で大きなウサギが跳ねています。

苗は雨で傷まないように、トタンをかぶせています。

トタンが風で飛ばなければいいのですが、木枯らしのような風の音が聞こえていますから。


ころも「僕は、太ったきつねじゃあないんだ!」
「ころも、おまえ一体何者?」

ころも「僕は、太ったきつねじゃあないんだ!」


相方が収穫してきた梅のへたを取ってりんご箱に入れていたのですが、

「この箱の中に何㎏あると思う?」

「この箱やったら、15kgあるんと違うか。」

「あんたの言うこと信用できん!」

「・・・・・」

そんなら聞くなや!

レウイシア・ライトピンク
レウイシア・ライトピンク

「勝手に花言葉」

あなたのそばが安心とそっと囁き目を伏せる

レウイシア・ホワイト
朝の晴れ間も午後には、霞がかかったような空模様となりました。

4時頃から雨が降りだしましたが、家に着くころにはやんでいます。

ただ空は、今にも振り出しそうにしています。

潮騒がよく聞こえます。

今日は青サギがよく鳴いています。

昨日の気温を考えれば、かなり下がっているのではないでしょうか。それでも寒くなく気持ちはいいです。

ガウラの花が満開となっています。花が暴れるので、実家の母は紐で束ねてしまいました。

まあ、これで邪魔にはなっていないのですが。

ストレリチア・ニコライの大株は、2月の寒さで復活できないようです。

今ある子株が咲くまでどのくらい育てないといけないのでしょうか。気が遠くなりそうです。


ころも「お姉さん、僕もお手伝いさせてください!」娘「あんたは邪魔!」
ころも「お姉さん、僕もお手伝いさせてください!」

娘「あんたは邪魔!」

必死のころもであります。


相方は、私のTシャツをパジャマ代わりに使っているので、

「そんなに好きなんか?」

「もう、着ん!」

そう言って、踏みつけました。

レウイシア・ホワイト
レウイシア・ホワイト

「勝手に花言葉」

愛の絆を確かめたくてうそをつく

フェルトファイミア
今日は朝から快晴。

気温もぐんぐん上がり、お昼前には我家の寒暖計で34.5℃。

パフィオの植え替えをしましたが、途中で気分が悪くなり休憩しました。

午後はお葬式に参列しましたが、ここでも気分は悪いままで、帰ってきてからも外へ出るのは控えました。

相方が実家で梅を収穫してきたので、実のへた取りを二人でずっと続けてます。

かなり時間がかかりそうです。

今日中に済めばいいのですが。

ペチュニアもナメクジとだんご虫の餌食になってしまいました。

これは困った。

鈴夢「やれやれ」ころも「なんだこれ?」興味津々のころもです。
鈴夢「やれやれ」(後ろのかごの中から)

ころも「なんだこれ?」興味津々のころもです。


東京へ行った時、仕事用のかばんを買ってきたことを相方に伝えると、怒ったように

「どんなん買ったん?3万円以上したんやろね!」

「え?」

「安物やったら、放ったれや!」

恐る恐る、

「18,000円・・・・・」

「まあ、それくらいやったら許す!」

「・・・・・」

太っ腹なのはいいのですが、いつもいくらのカバンを買うのか恐ろしい・・・


フェルトファイミア
フェルトファイミア

「勝手に花言葉」

残り香に私の心が乱れてしまう

サニーオステオ・エビータ
朝のうちは少し降ったりやんだりしていましたが、8時半頃には雨も収まりました。

時折陽射しが差しましたが、厚い雲の多い1日となりました。

雨が収まったので、午前中はポーチュラカ、カランコエ、ペラルゴニウム、レモンバーベナなど何種類かの挿し芽をしました。

午後からはパフィオの植え替え作業をしたのですが、知り合いの方が美術展をされているというので、途中で切り上げ行ってきました。

残りの植え替えは明日以降です。

何とか明日中に終えて、カトレアとデンドロビウムの植え替えも済ませたいと思っているのですが、どうでしょうかねえ。

ユウギリソウの花芽がいよいよはっきりしてきました。

腋芽を出させるのに何鉢かは摘心してみました。

今晩は、通夜があるのでもうすぐ行ってきます。

ころも「どっひゃあ~!もう、好きにしてくれ~!」
ころも「どっひゃあ~!もう、好きにしてくれ~!」


衣替えで、相方に

「着ていく服これでいいかなあ?」

「ええんとちゃうか。それでも○○さんの服装見てこいや!」

「何で?」

「あそこは夫婦でおしゃれにしとるやん!」

「?」

うちは、私がおしゃれじゃあないってことか?

「いいもの着たら、みんなおしゃれになるんやよ!」

「・・・・・」

どうも自分を正当化しただけのような。


サニーオステオ・エビータ
サニーオステオ・エビータ

「勝手に花言葉」

わがまま美人のおおあくび

サニーオステオ・マリー
朝の薄曇りが、お昼前には霧雨に変わりました。

時折、小降りとなっていましたが、4時過ぎから本降りになっています。

ついに、梅雨に入りました。

海と空がつながっています。

庭に置いてある、メダカの水槽に金魚が1匹入り込んでいるのですが、水を替えていないので濁って取り出すことができません。

朝から相方と二人で探るのですがだめでした。明日もう一度挑戦します。

カランコエの挿し芽をしたいと思っていてなかなかできずにいます。

どんどん徒長してしまっていて、これも早くしないとだめになってしまいそうです。

パフィオの植え替え、カトレアの植え替え等することいっぱいです。

今夜相方は、SKB(昭和、枯れススキ、ババアの略、相方が命名)8人のお食事会があるとのことで、笑顔で出かけて行きました。

今夜は雨音がよく聞こえます。家の中はひとりなので静かです。

ころも「フニュ!」
ころも「フニュ!」


朝出かけのときに、どうも玄関で三つ指をついて見送ってくれたようで、私の振り向きざまに、

「ちゃんとみたか!」

「・・・・」

あ~、おそろしい。


サニーオステオ・マリー
サニーオステオ・マリー

「勝手に花言葉」

愛する心はあなたのために

サニーオステオ・アティラ
太陽は出ましたが雲の多い1日となりました。

時間が過ぎるのが早く、何も出来ないまま過ごしているようで。

春先、半死に状態だったカーペットカスミソウがここに来て復活してきました。

今年は花は見られませんでしたが、来年に期待できそうです。

まあ、どんだけ先やねんという話なんですけどね、それでも今から楽しみです。


ころも「あ~!あ~!」
ころも「あ~!あ~!」

むすこ「ころも!うるさい!」


夕食中、

「私、あの映画観たいんやよね。」

「どんな映画?」

「どんなんやったかなあ?」

「誰が出とるん?」

「誰が出とるんやったかなあ?」

「どんな話?」

「忘れたったわ。」

「・・・・・」

結局何もわからず。

サニーオステオ・アティラ
サニーオステオ・アティラ

「勝手に花言葉」

やりきれぬ思いを胸に別れを告げる

サニーオステオ・ダークアマンダ
朝はまだ曇り空でしたが、午前中には太陽が見え始めました。

外は暑いくらいの1日となりました。

台風の影響でしょうか、風はさほどでもありませんが、潮騒が1日中聞こえます。

波が高くなってきたのでしょうね。

昨日の雨で、水やりは、しなくて済みましたが、咲いている花がぼろぼろとなってきました。

ゴデチャとキンギョソウ、カルセオラリア、サイネリアの花のきたないものは切りました。

そろそろ夏花に切り替え時ですかねえ。

まだ発芽してないものも多いので、何とかしないといけませんね。

ころも「ギョ、ギョ!」
ころも「ギョ、ギョ!」


知人からいただいたジュースを冷蔵庫に入れるとき、

「私にも残しといてね。」

「あんた、どうせ先に飲むやん!」

「・・・・・」

やっぱり、飲むつもりやったんや。


サニーオステオ・ダークアマンダ
サニーオステオ・ダークアマンダ

「勝手に花言葉」

あなたに譲った心を取り返す

サニーオステオ・ヘンリー
今日は朝から雨。

海は静かで、潮騒は聞こえてきません。

家を出るときは小降りだった雨も、お昼過ぎには本降りになってきました。

もうすぐ梅雨になってしまうのでしょうか。

昨年の今頃は、術後、なれない足を引きずって杖を突いて歩いていましたが、今は杖もなく、走れはしませんが、階段も歩いて上り下りしてます。

ただ疲れると、途端に足が重くなるのは金属のせいでしょうかねえ。

これも慣らしていかないとと思っています。何せ、夜眠れるのですから。

今朝サルビアの苗を見たら、葉っぱがない!

またもややられてしまったようです。

ころも「ムギュ!」
息子「ムギュ!」

ころも「あれ~!」

昨日の続き、

翌日ポテトチップスの箱を開けてみたら、ほとんど残ってませんでした。

「あんた、ポテトチップス、大方食べてしもたやろ!」

「何でわかったん?」

「中身残ってないやん!」

「・・・・・・・」

やっぱり黙って食べよった!

サニーオステオ・ヘンリー
サニーオステオ・ヘンリー

「勝手に花言葉」

永遠の恋など信じられません

エラチオールベゴニア・アールデコ
雲間から時折日が射す1日となりました。

今朝は潮騒の音で、1番列車のレール音がかき消されそうなくらいよく響きました。

気温は、それほど上がっていないので非常に過ごしやすくなっています。

昨晩、まいたナメクジ薬で大きなナメクジが何匹か死んでいました。

あんなのにこられたら、発芽苗など一晩で全部なくなってしまいます。

シクラメンの種もずいぶん膨らんできました。

そろそろ、種を飛ばしてしまわないように袋をかけないといけませんね。

ころも「ご主人様私で遊ぶのをやめて~!」
ころも「ご主人様私で遊ぶのをやめて~!」

息子「いやあだねっと!」


ポテトチップスの箱があったので、

「こんなんあったんや。食べてもいいか?」

「何で?」

「えっ!なんでってか。」

「あんたのか?」

「・・・・・」  誰のや!

エラチオールベゴニア・アールデコ
エラチオールベゴニア・アールデコ

「勝手に花言葉」

あなたを焦がれて物思い

カラテア・クロカータ
昨夜半から激しい雨が朝まで降っていました。

相方は今日は職場の作業で、朝5時過ぎに起きだし30分頃には出かけました。

この雨ではと思っていましたが、6時頃から小降りになり、しばらくしてやんでしまいました。

相方から作業がある旨のメールが届きました。

私は早く目が覚めてしまったので、昨日の続き、パフィオの植え替えをすることにしました。

丸1日植え替え続けたので、肩甲骨の後ろを何かが噛み付いています。

コリウスな発芽は90%以上だったのですが、今朝見ると1本も残っていません。

トレーの裏を見ると、ナメクジ。

ショックです。夕方もう1度相方が蒔きなおしてくれました。

うまく発芽してくれるといいのですが。

ころも「そっちにいる、お姉さん、た・す・け・て・・・・」
ころも「そっちにいる、お姉さん、た・す・け・て・・・・」

娘に助けを求めるころもです。


夕食に納豆が出ました。

「ご飯は?」

「え!ご飯いる?」

「え~・・・・!」

カラテア・クロカータ
カラテア・クロカータ

「勝手に花言葉」

あなたの優しさに嫉妬する

ネオレゲリア・フランドリア
今日は朝から曇り空。

ツールド熊野の山岳コースを走る選手たちにとっては絶好のコンデションだったのではないでしょうか。

午前中は、仕事に出かけましたが、午後からパフィオの植え替え作業に没頭しました。

鉢によっては10年以上植え替えをしていないものもあったりして、根が鉢いっぱいに回っていたりしてけっこう大変な作業となりました。

全体の4分の1くらい終了したでしょうか。

明日は1日植え替え出来ればいいなあと思っています。

これから、通夜にいってきます。

息子「お前はペルシャ猫か?」 ころも「放してくれればただの太ったポメラニアンなんですけど・・・」
息子「お前はペルシャ猫か?」 

ころも「放してくれればわかりますが、ただの太ったポメラニアンなんですけど・・・」

昨日の続き、

「こっちもオール電化にお金使ったからそんなにないで。」

「あんたのパソコンの電気代始末したらいいやん!」

「そんなんやったら、あんたの服代で電気代何年分もあるやん。」

「・・・・・・」  

 久し振りに、勝った!

ネオレゲリア・フランドリア
ネオレゲリア・フランドリア

「勝手に花言葉」

愛を語るあなたは嫌い

ボロニア・ヘテロフィラ 赤
朝から日差しが柔らかく、気持ちのいい1日となりました。

吹く風は頬に心地よいです。

昨晩は結局降らずじまいで、朝少し花の水やりをしました。

コリウスとペチュニアも発芽が少しずつですが始まりました。

そろそろ遅れている洋蘭の植え替えも始めなくてはと思っています。

することが多く、時間がないのであせるばかりです。


ころも「顔が、顔がゆがんでしまうよ~!」
ころも「顔が、顔がゆがんでしまうよ~!」


相方が、

「家のリフォームの時お金使ったから、余裕ないで!」

「それはしゃあないやん。また貯めよるんやろ。」

「服と靴買ったらなくなってくんやよ。」

「・・・・・・」  あたりまえやん!

ボロニア・ヘテロフィラ 赤
ボロニア・ヘテロフィラ 赤

「勝手に花言葉」

私の思いを受けて、あなたは困った顔で立ち尽くす
Copyright © 植物と日々の暮らし. all rights reserved.